「スマホの電源を切る」のススメ【メリットをご紹介】

白いベンゼン720×90




携帯の電源を切ろう!

暇さえあれば携帯いじって1日を無駄にしてませんか?

管理人もしょっちゅう携帯さわちゃってました。正直TwitterやYouTube、lineくらいしか見るものないし、時間の無駄ですよね。

そこでここ1週間、部屋にいるときは電源を切るようにしてたその体験と効果をレポートしていきます。

とにかくスマホが鬱陶しかった

ひっきりなしに来るLINE、止まらないTwitterのTL、毎日更新のYouTuber、やる気のないバイト募集のメール…管理人は限界だった。

落ち着いてコーヒーを飲みたいときも集中して勉強したいときも、それにぐっすり寝たいときもそれらはやってくる。もう一種の公害みたいなもの。
そこで決意した、「スマホの電源切ろう。連絡は無視でいいや、直接会って話せばいいし」と。

スマホの電源をきった

ボタンを数秒押しただけ。そのままベッドに投げ捨てて放置。

その日は寝るまでずっと勉強してました。

寝る直前になって気付いたことが「あれそういえば携帯触ってないなぁ」

普段なら眠りにつくまでポチポチいじってた管理人は久しぶりに液晶見ずに就寝。ぐっすり眠ってました。

そのまま約1週間放置し続けてましたが、多くのメリットを感じずにはいられませんでした。

「スマホの電源を切る」メリット

たくさんの時間が生まれる

一番言いたいことです。それまでスマホに費やしてた時間すべてがほかの自由に使える時間に変わります。

勉強したり読書したり寝たりするのが良いでしょう。

実際管理人は1日の勉強時間が1時間くらい増えましたし、友達と遊ぶ時間も増えました。

考えてみれば毎日2時間携帯触るだけでも1年のうち1か月も携帯に時間溶かしてることになりますよね。恐ろしい。

集中力が上がった

一切の雑念なく勉強に没頭できました。

LINEやメールが気になってチラチラ勉強中にスマホ覗くことがなくなりましたよ。

集中力は別に勉強だけじゃなく睡眠の質も向上しましたし、日常生活におけるパフォーマンス全体が良くなったと思います。

疲れにくくなった

液晶を見続けていると当然目が疲れてきます。

同じ姿勢で凝視することが多いので肩や腰も疲れます。

スマホを見なくなるとそういったことがなくなるので身体の疲れがなくなってきます。放置し始めて2日目あたりから感じられるようになりました。

ポジティブ思考になった

インターネットってネガティブな発言や思考が蔓延ってますよね。

そういうものを見なくなったおかげかポジティブ思考になった気がします。

ネットさえしてなければ意外と日常生活でマイナス発言や思考とは出くわさないものだという知見も得られました。

節約にもなった

SNS、YouTube、Googleなど1日中あらゆるサービスを利用すればあっという間に電源は切れますし、そのたびに充電しないといけませんよね。

明日の為に寝てる間に充電することが多いですがその必要もなくなり、結果として節電効果も得られました。

まとめ

スマホの電源を切ると日常生活の質が上がる!

デメリットといえばLINE、メール等の連絡手段がなくなるくらいのもので、メリットが圧倒し過ぎてます。

スマホって要らない気がするなぁ。

白いベンゼンレクタングル




白いベンゼンレクタングル




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする