初めてブログ記事5000文字を書いた【8時間も費やす】

白いベンゼン720×90




ブログ

こんにちは!白いベンゼン管理人です。

先日ブログを始めて以来初の「5000文字」の記事を投稿しました。

記憶が新鮮なうちに5000文字を執筆したときの感想とかを書き残したいと思います。

書いた記事はこれです。テーマは数学&7回読み勉強法。

東大主席弁護士考案の「7回読み勉強法」を実践して、網羅系参考書「Focus Gold」を使って「高3駿台全国模試」で8割近く得点できたので、その経過とやり方をまとめてみました。

普段は1500字程度の記事を投稿しており、多くても3000~4000字くらいの記事しか書けなかった自分でしたが、この記事はなんと5015文字もあります。

色々丁寧に説明しようとし過ぎたのか最高記録を更新してしまいました。

時間かかりすぎて疲れた

結論から言いますと、記事を投稿するまでに編集に費やした時間は8時間です。

超疲れました。

記事の構成を考えたり文章を打ったりぼーっとしたりする時間などすべてを合計しての8時間ですが、これは長いのでしょうか短いのでしょうか?

大学で2000文字のレポートを書くときに2時間かけていたことを考慮すると、1時間あたり1000文字ですから5000文字書くのに8時間は長いと言えるかもしれません。

しかし実際書いていると途中で休憩を挟んだりぼーっとすることが多くなりますね。

これは初めての経験から得られた知見です。

2000文字ならパーッと書くことはできても、5000文字クラスになるとそうはいきません。

こうすればもう少し時短できたかな、というのを挙げるとすれば

いきなり書き出すのではなく、始めに全体の構成を考えるべきだった

かな~と思います。

書きながら構成を考えるのは愚策でしたねやっぱり。

文章表現の限界を感じる

文字数が多くなると同時に、自分の使う文体のレパートリーの少なさを痛感しますね。

文末は「です」「ます」ばかりになりがちですし主語述語の位置も同じようなものばかりになって「これは読者はの方が違和感を感じないのかなぁ」と不安になります。

私は理系でガチガチのお堅い文章にばかり触れており、ブログの文章に関しては馴染みが薄く、その上文章を書くのがとても苦手です。

ライティングの本を購入して勉強したいと最近は考えております。

毎日投稿するブロガーの凄さを実感した

世間には1000文字以上の記事を毎日投稿なさっているブロガーの方も存在します。

私は正直1つ記事を書きあげるとそれでしばらく満足してしまい、「昨日書いたから今日は休むか」となってしまうタイプの人間なので、毎日更新する方に敬意を感じます。

どれだけ好きなことでも毎日続けるのは難しいと思いますね。

物理や数学が好きですが毎日しろと言われても休みを入れたくなりますし、好きなコーヒーを毎日飲めと強制されてもそんなのは無理に決まってます。

単に高いモチベーションが維持されているだけでなく、習慣に落とし込むレベルの努力が必要だと考えますが、その辺どうなんでしょうかね。

今回はこんな感じで終わりです。ここまで読んでくれてありがとうございました!

白いベンゼンレクタングル




白いベンゼンレクタングル




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする