現役東大生による裏口入学・不正減点に対しての雑感【東京医科大学】

白いベンゼン720×90




こんにちは、白いベンゼン管理人です。

この記事では昨今話題になっている東京医科大の「裏口入学」や「女子受験生の不正な減点」という問題に対して、

端くれながら現役東大生である私がその問題について雑感を書いていくページです。

裏口入学・不正採点と大学入試との関係周辺についてのみにスポットを当てていますので、

あまり話を広げすぎないという点はご注意ください。

問題の裏口入学・女子受験生の減点

まず簡単に問題となった事件について確認しておきましょう。

文部科学省の幹部だったSさんが3,500万円の税金を東京医科大学に流すこと(受託賄賂)で息子の裏口入学を約束させていたそうです。

そして息子さんは本当に入学してしまいました。

他の表口入学(?)してきた受験生は血の滲むような努力をしてようやく入学できるのに、どう考えても卑怯な手段ですよね。

もうひとつの「東京医科大が女子受験生の点数を一律に減点していた問題」は驚き、というか呆れに近いものを感じました。

この平成の世にまだ時代錯誤のシステムが残存していたのかと。胸糞悪いです。

問題なのは入試要項に書かず隠れて行っているという点、簡単に言ってしまえば詐欺みたいなものでしょうか。

個人的な雑感を書いてみる

さて、これから雑感をつらつら書いていきます。

繰り返しになりますが、「裏口入学・不正採点と大学入試との関係周辺についてのみ」にスポットを当てていますので御留意ください。
まず、入学試験のとりわけ「採点」・「合格基準」は平等であるべきだし社会はそれを目指していかなければならないと思っています。

東大受験のために何年間も心血注いで猛勉強をしていた私だからこそ、卑劣で理不尽な裏ルールによって入学の機会を奪われた女子受験生らの悲痛な思いは痛いほどよくわかります。

入試は公平な評価の場であるべきだと思うのは自然ですよね。

そしてもう一つ、こちらがメイン。

恐らく大学入試においてすべての受験生は多少の差別と戦わなければならない、というのが私の持論です。

例を挙げてみます。

例えば、身体障碍者・発達障がい者であれば健常者に比べてより多くの困難に直面することは想像に難くないでしょう。(それでも東京大学には発達障害の方が多いと言われているのですが)

生まれや出身についてはどうでしょうか?

東大に入学すると周りは筑駒や開成、桜蔭など関東の名門校出身者が多数を占めていますし、入学の段階で既に出身高校ごとのコミュニティが出来上がっています。

それに比べて東大に来る地方出身者は彼ら名門校出身に比べて数も少ないですし最初は肩身の狭い思いをします。

どうして東京と地方で入学者数の差が生まれるのかと思いますか?

もちろん距離的な要因もありますが、やはり入試は関東圏の生徒が圧倒的に有利で、地方生は苦渋を強いられる傾向にあります。

やはりそれは東大に合格させられるような教育の出来る塾(鉄緑会など)が地方になかったり、東大受験のための十分な情報が得られにくかったり、そもそも志望する仲間が少ないなど、心理的に東大があまりに遠く感じられることが大きいのではないでしょうか。

そういう意味でも地方の東大受験生は一層頑張らねばなりませんし、「地方生」・「東京の生徒」間での格差は存在していると言えます。

最後に今度の事件でもある「性差」について例証していきましょう。

実は私の在籍する東京大学は女子生徒優遇とも取れるようなことをしちゃってるんですよね。

例えば「女子学生への家賃補助制度」が挙げられます。

2017年4月からスタートされる“女子学生への家賃補助制度”とは、言葉の通りこれから東大に入学する新入生のうち、“女子学生”にのみ毎月家賃として3万円を2年間支給するという制度であり、条件にさえ当てはまれば女子学生1人当たり総額72万円の補助を受けられる制度となっています。

引用 東大が女子学生にだけ月額3万円の家賃を補助する女性優遇制度を導入し炎上!男女差別!?導入の理由はイメージ戦略!?

それに入学試験においても「女子を入学増加させるため」などと騒がれるような、入試問題の傾向がガラリと変わることがここ数年続いています。


真偽のほどは分かりませんが、東大入試の勉強をしていた人であれば多少なりとも女子優遇を感じるのかと思います。(入学したいま、東大女子が数学に弱いとは思いませんが…)

以上になりますが「大学入試においてすべての受験生は多少の差別と戦わなければならない」という主張も少しは納得してもらえると嬉しいです。

それでも本当の意味での平等を社会全体で目指していく運動や変革を私は望んでいます。

白いベンゼンレクタングル




白いベンゼンレクタングル




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする