無理してみんなと仲良くする必要はないと思う理由

白いベンゼン720×90




無理してみんなと仲良くする必要はないと思う理由

無理に仲良くするのは無理だと思う。

今回の主張です。

管理人は、なんとなく「この人とは合わないな~」とか「正直嫌いかも・・・」などと感じる人とは無理して仲良くしません。

10代までは他者と協力・同調することを学校教育と通して仕込まれてきました。

なんとなく違和感を感じたままやり過ごしていましたが、20代に突入して以降その違和感がはっきりし始めてある程度割り切った人間関係を築くように。

自分の思考を整理することも兼ねて上の理由を列挙して行きます。

疲れる

波長の合わない相手にニコニコするあれ、とにかく疲れます。

必修の授業だけの友達と無理に親しく、親戚の集いで嫌いな人にニコニコ、ママ友の集いにおける見せかけだけの笑み、あれ全部疲労の原因。

相手と出くわす度に心に負担がかかるわけですよ。

自分が無理してるだけじゃなく他人がそうしてるのを見てても疲れてきます。

素の自分でいられれば楽な気持になれますよね。

苦手な相手は自然と離れていく

こっちがなんとなく「こいつやりにくいな~」と感じていると、相手もなんとなくそれを感じ取っているんです。

そんな人達は時間さえ経てばあなたから離れていきます。

友人関係を損得で判断するのがあまり良くないことは分かりますが、嫌いな人と無理して付き合うメリットはほとんどないかと思いますよ。

所謂give-and-takeのギブにブレーキがかかりますし、それに相手とは徐々に疎遠になります。

距離取ることは全く悪いことだとは思いません。

本当に仲の良い人とは絶対出会える

波長の合うひととは不思議と引き合うものですよね。縁起ってやつです。

積極的にいろんな人と仲良くしようとするのを辞めると不安になる気持ちは分かりますが、本当に仲の良い人とは自然と引き合います

管理人が大学入学したての頃、ぼっちになるのが恐くて片っ端から色んな人に声かけまくってLNEを交換するという現象が自分を含めた周りで巻き起こりました。おそらくどこでもそうでしょう。

しかし、当時連絡を取り合っていた人と今も連絡をしているかと聞かれると答えはNOです。

その上大学生活で一番仲の良い友人は、ほんの些細な会話をした出来事から発展しました。

初めて会ってすぐに「こいつとはなんとなく仲良くなりそうだ」と電流が頭を流れた気がしましたよ。

そういった友人とは自他ともに認めあうことが出来たり高めあったり出来て、メリットしかありません。

自己肯定感が高まれば幸せなライフスタイルにつながります。

素の自分でいよう

100人いて100人と仲良く出来ればきっと最高なんでしょうけど無理です。

素の自分を出して素のあなたを好きになってくれる友人を見つけましょう。

白いベンゼンレクタングル




白いベンゼンレクタングル




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする