【書評】『アウトプット大全』を読んだので紹介。アウトプットで超速成長しよう

白いベンゼン720×90




アウトプット大全

精神科医の樺澤紫苑さん著書『学びを結果に変える アウトプット大全』を読了したのでご紹介したいと思います。

はっきり言ってアウトプットについて学ぶのなら最高級です。

メルマガ毎日発行13年、Facebook毎日更新8年、YouTube毎日更新5年、毎日三時間以上の執筆11年、年2=3冊の出版10年連続、という化け物染みたアウトプットの鬼である著者が工夫したアウトプットの方法や、インプットとのバランス、学びを最大化するメソッドを紹介してくれます。

この書籍を購入した理由

最近の私はこんなことを考えて悶々としていました。

  • 入力に対する出力の割合が低いことに悩んでいた。(本を読むだけでアウトプットがない)
  • PDCAをうまく回したい。そのために脳科学的観点からのデータが欲しい。
  • 1度身に付いたアウトプットの習慣は今後の人生の大きな支えになると考えた。

そこで少しでも状況を打破、改善するべく書店で手に取ったのがこの本。

序章をぺらぺらと捲っていると目についたこの文章で購入を決心しました。

できる人ほど、アウトプットを重視している

断言しましょう。

圧倒的に結果を出し続けている人は決まって、インプットよりアウトプットを重視しています。

知識を詰め込むインプットの学びだけでは、現実は変わりません。

インプットをしたら、その知識をアウトプットする。実際に、知識を「使う」ことで脳は「重要な情報」ととらえ、初めて長期記憶として保存し、現実に活かすことができます。これが脳科学の法則です。

出典 「学びを結果に変える アウトプット大全」

この本の構成

Chapter 1 アウトプットの基本法則

  • アウトプットとは
  • 自己成長とアウトプットの関係
  • アウトプットとは「運動である」
  • アウトプットの基本法則1~4
  • 効果的なフィードバックの4つの方法
  • アウトプットのの6つのメリット

Chapter 2 科学的に裏付けられた、伝わる話し方

Chapter 3 能力を最大限に引き出す書き方

Chapter 4 圧倒的に結果を出す人の行動力

  • 行動する
  • 続ける
  • 教える1~2
  • 集中する
  • チャレンジする1~2
  • 始める
  • やってみる
  • 楽しむ
  • 決断する
  • (言葉で)表現する
  • 完成させる
  • 率いる
  • 笑う
  • 泣く
  • 「怒り」をコントロールする
  • 眠る
  • 運動する
  • 危機管理する
  • 時間管理する

Chapter 5 アウトプット力を高める7つのトレーニング法

ピックアップしたいポイント

①インプットとアウトプットの黄金比は7:3

多くの人は、「インプット過剰/アウトプット不足」に陥っており、それこそが「勉強しているのに成長しない」最大の原因とも言えます。インプットとアウトプットの黄金比は3:7。インプット時間の2倍近くをアウトプットに費やすように意識しましょう。

出典 「学びを結果に変える アウトプット大全」

「勉強しているのに成長」していない感に悩まされている私。

インプット過剰であることは当然ですが、せいぜいアウトプットとインプットは半々だと思って読んでいたので3:7というインプット偏重には大変驚きました。

「教科書を読む(インプット)」時間と「問題を解く(アウトプット)」時間の割合について大学生を対象に実施されたアンケートによると結果は7:3だったというデータがあるように、世間一般にも多くはインプット>アウトプットとなっていることが分かりますが、

コロンビア大学で実施された実験ではアウトプットに重きを置いた被検者グループは高い成績を収めたという結果が報告されているようです。

よくよく考えてみると、私は大学の勉強では教科書をじっくり読んで問題をそこそこの量解くというやり方をしているんですが、ものすごく要領のいい友人はガリガリ問題演習を積んでいる印象です。

問題を解く、つまり「知識を使う」ことで記憶に定着するということですね。

アウトプットありきのインプットが強そうです。

②結果を出すための究極の成功法則「続ける」

(1)「今日やることだけを考える」

砂金おことを考えれば考えるほど、「続ける」ことにたいしてブレーキがかかります。「今日」「今」やることだけを考えるのです。

(2)楽しみながら実行する

テレビやゲームは、なんの努力もしないのに、毎日続けることができます。それは、楽しいからです。楽しいとドーパミンが出ます。「楽しい」と思えば、努力しなくても、がんばらなくても、自然に長く続けられるのです。

(中略)

(4)結果を記録する

なにか目標を達成したい場合は、米にt、記録をつけることをおすすめします。

目標達成までの進捗を記録する。それだけでドーパミンが出やすくなり圧倒的に「継続」しやすくなります。

出典 「学びを結果に変える アウトプット大全」

とにかく楽しみながら実行していくことが大切ですよね。

正直やってて面白くないことは辛いだけですし成長もあまり期待できません。

③「ヒヤリ・ハット事例」をひとつでも減らす

自己をや災害を防ぐのに役立つ有名な法則として「ハインリッヒの法則」というものがあります。(中略)

「大きな事故」「小さな事故」「ヒヤリハット事故(ヒヤリ・ハッとした事故)」は1:29:300の割合で生じる。つまり、「大きな事故」を減らすためには「小さな事故」を減らす。そのためには「ヒヤリハット事故」を減らせばいいのです。(中略)

状況把握→原因分析→対策。「ヒヤリハット事例」や「小さな事故」が生じた場合、その原因を分析して、徹底して対策を行えば、「大きな事故」は防げるのです。

出典 「学びを結果に変える アウトプット大全」

難しい用語が並んでいるようですが、要は「些細なミスをチェックして大きなミスを未然に防ごう」ということでしょうか。

ヒヤリ・ハット事例の収集(インプット)→状況把握まとめ・集計(アウトプット)→原因分析(フィードバック)→対策(行動する)

というチャートにまとめることができます。

この章を読んで私はじゃあどうすれば些細なミスに気付けるのか?といった疑問を持ったので、「鬼速PDCA」という書籍を再び手に取り「検証(CHECK)」について調べてみました。

検証をするときだけはいったん自分の仮説を疑う客観的な目線を持つことが重要になる。

検証するときは疑心暗鬼で。

これがPDCAの基本である。

ふむふむ。やはりCHECKが根幹になっているようですね。

じゃあ実際にどうするのかというと

①「定量化したゴール」の達成率を確認する

②「定量化したサブゴール」の達成率を確認する

③「サブゴールに向けた行動」の達成状況を確認する

④できなかった要因を突き止める

⑤できた要因を突き止める

出典 「鬼速PDCA」

といった感じです。

詳しい説明は本書に譲りますが、例を挙げてみるとすると

①TOEIC 900→25点足りなかった

②リスニング440→10点たりなかった

③毎日スクリプト音読1回→〇(できた)

教材を毎日聞く→達成率70%

④やる気がなかった、苦手な作業だった

⑤1度読んだものは取り掛かりやすい

という感じになるでしょう。

個人的に苦手な検証(CHECK)について再び勉強する機会を与えてくれた本書に感謝です。

まとめ【アウトプットで成長しよう】

ここまで出典「学びを結果に変える アウトプット大全」についてご紹介させていただきました。

この記事を書いていることそれ自体がアウトプットのようなもので、その甲斐あって本書の内容もより鮮明かつ明確に頭に入った感じがします。

個人的な要望としては、次作には「検証(CHECK)」をテーマにした大全を著者には書いて頂きたいです。

この本はアウトプット中心の生活に変えてみるきっかけにもなりますし、アウトプットの効率的方法も知ることができます。

白いベンゼンレクタングル




白いベンゼンレクタングル




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする