【金のフレーズ】1週間で英単語1000個覚えた方法【TOEIC】

白いベンゼン720×90




9/10 第223回TOEIC受験を急遽8月の初めに決めて、1週間で1000個の英単語を覚えました。

受験まで僅かな期間しかなかったのでネットで色々調べてみて、TOEICの得点に直結しやすく時間効率がイイと評判だった『金のフレーズ』を購入しました。

金のフレーズに収録されてる1000語(+αのサプリ的なやつは除いてます)を1週間で暗記出来たのでレポートしてみました。

金のフレーズとは

TOEIC関連の有名なTEX加藤さんによるTOEICの本試験で出る単語のみを効率よく吸収できるという目的で作られた単語帳です。

左側に英文(7フレーズ以下)、右側に左の英文での穴埋め単語の答えと解説があるスタイル。

英文のフレーズが少なくてストレスが少なく周回出来るのが特徴です。

具体的な覚え方

まずはセグメントに分けます。

金のフレーズは600点レベルに400語、730点レベルに300語、860点レベルに200語、990点レベルに100語といった感じで初めから分けてあったので4セグメントに分けて暗記しました。

次に早速セグメントごとに取り掛かります。

1周目はパッと見て分かる単語には〇を

少し悩んだり知らないような単語には×をつけます。

2周目は〇×印に関係なく全単語に目を通していきます。

このとき注意するのがじ~っくり時間をかけるんじゃなくて

1単語1~3秒くらいのペースで読み進めてください。

これを20周まで繰り返します。(段々早く周回できるようになります)

ここまで繰り返すと〇はもちろん×だった単語も半分くらい覚えきっています。

あとは覚えきれてない×単語を重点的に周回します。

もしくはピックアップして紙に書くのも効果的だと思います。

実際の暗記の過程

実際に管理人が行った周回数は以下のようになりました。

後半は急ぎ足できつかったです。

1・2周目はとにかくツライんですけどそれさえ乗り切れば後はスラスラ周回する+ほんの少し覚えようとするだけ。

20周してくると暗記度がぐっとあがってきたように感じました。

まとめ

こんな感じで1週間という期間で1000語覚えることができました。

要約すると短い時間で何度も何度も単語に出くわすことで潜在意識にまで染み込ませる戦法ですね。

薄いペンキを何度も何度も塗っていくような感じです。

夏休みで暇だったからこと出来たことでした。

【追記】

結果が返ってきました。↓↓↓

9月に行われた第233回TOEIC公開テストの結果が返ってきました。 リーディングの点数=リスニングの点数で、なんというバ...
白いベンゼンレクタングル




白いベンゼンレクタングル




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする